お知らせ

過去のお知らせを見る

人間科学のフロント

インクルーシブ社会に向けた支援の<学=実>連環型研究より
「障害者やマイノリティをめぐる動向と包摂/排除の基礎研究」
<学=実>連環と基礎研究  基礎研究チームは、インクルーシブ社会の実現に向けた予見的支援の創出・伴走的支援の推進・修復的支援の展開という3つの柱の末尾に位置づけられ、社会的包摂や支援に関する理論的かつ基礎的な研究に取り組んでいます(全体的な位置づけについては、 『インクルーシブ社会研究』第3号 の稲葉光行論考と小泉義之論考をご参照ください)。理論的かつ基礎的な研究は、おもに大学研究機関だけで... (公開日: 2015-09-01 渡辺克典 (衣笠総合研究機構 特別招聘准教授))
「障害者やマイノリティをめぐる動向と包摂/排除の基礎研究」の全文を読む
「人間科学のフロント」一覧

バナーエリア

全所的プロジェクト

インクルーシブ社会に向けた支援の<学=実>連環型研究

刊行物

立命館人間科学研究(刊行物)

おすすめ

facebook 立命館大学人間科学研究所メールマガジン登録

リンク

対人援助学会(ASHS:Japanese Association of Science for Human Services) 立命館大学生存学研究センター
サイトポリシー | 個人情報保護について | サイトマップ | お問合せ | 参加研究者ページ
アクセシビリティ方針