お知らせ

過去のお知らせを見る

人間科学のフロント

修復的司法観による少子高齢化社会に寄り添う法・社会システムの再構築より
「協議離婚における親の合意による解決の促進と支援-離婚後の子の福祉」
離婚と子ども  離婚をしようとする当事者は精神的に不安定になり、相手方との関係解消にもっぱら関心があるため、未成年の子どもに対する離婚後の養育費や別居親と子どもの交流などを決めずに、離婚に合意する。離婚という目的を達成した離婚当事者は、そのときになって初めて子どもに目を向けるようになり、子どもをどちらが引きとるかをはじめ、子どもの監護をめぐる争い、時には子どもの奪い合い、養育費の分担・不支払... (公開日: 2016-08-01 金成恩 (立命館グローバル・イノベーション研究機構 専門研究員))
「協議離婚における親の合意による解決の促進と支援-離婚後の子の福祉」の全文を読む
「人間科学のフロント」一覧

バナーエリア

全所的プロジェクト

インクルーシブ社会に向けた支援の<学=実>連環型研究

刊行物

立命館人間科学研究(刊行物)

おすすめ

facebook 立命館大学人間科学研究所メールマガジン登録

リンク

対人援助学会(ASHS:Japanese Association of Science for Human Services) 立命館大学生存学研究センター
サイトポリシー | 個人情報保護について | サイトマップ | お問合せ | 参加研究者ページ
アクセシビリティ方針