お知らせ

過去のお知らせを見る

人間科学のフロント

修復的司法観による少子高齢化社会に寄り添う法・社会システムの再構築より
「虚偽自白と冤罪」
虚偽自白とは?   テレビの刑事ドラマなどの「取調室」で捜査官と被疑者(犯罪行為をしたと疑われている人)の問答によくある,つぎのような場面を想像してみてください。      捜査官「お前がやったんだろう」      被疑者「やってません」      捜査官「お前がやったんだろう」「早く自白して楽になれ」      被疑者「・・・やりました」  これは,被疑者が... (公開日: 2016-09-01 山田早紀(立命館グローバル・イノベーション研究機構 研究員))
「虚偽自白と冤罪」の全文を読む
「人間科学のフロント」一覧

バナーエリア

全所的プロジェクト

インクルーシブ社会に向けた支援の<学=実>連環型研究

刊行物

立命館人間科学研究(刊行物)

おすすめ

facebook 立命館大学人間科学研究所メールマガジン登録

リンク

対人援助学会(ASHS:Japanese Association of Science for Human Services) 立命館大学生存学研究センター
サイトポリシー | 個人情報保護について | サイトマップ | お問合せ | 参加研究者ページ
アクセシビリティ方針