岡本直子

立命館大学研究者学術情報データベースへのリンク
(新しいタブ又はウインドウで開きます)

 ミニチュアの舞台と人形を用いて即興劇を展開し、セラピストとともに振り返る「投影ドラマ法」の可能性を明らかにし、臨床場面での適用を目指す研究を行っています。近年は周産期のメンタルヘルスや子育て支援にも大いなる関心があります。

主な研究分野

臨床心理学、心理療法、表現療法、ドラマ、セラピー

参加プロジェクト(終了したものを含む)


刊行物

立命館人間科学研究

おすすめ


facebook

メールマガジン登録

リンク

ASHS 対人援助学会

生存学研究センター

アクセシビリティ方針