『立命館人間科学研究』No.39 [通巻55号](2019年3月発行)

Contents

■表紙    
■目次    
■原著論文    
ギャンブルの分析と可視化に向けた基礎的検討―ギャンブルのイメージを基にしたギャンブル行動の構造の検証― 破田野智己 (1)
触法精神障害者医療に対する市民意識 山崎優子・山田直子 (13)
戦後の臨床心理学の役割と「問題児」像の変容 ―品川不二郎の教育相談を中心に― 堀元樹

(25)

■実践報告    
ケーキの写真のおいしさの印象と レンズの焦点距離および撮影角度 竹澤智美 (39)
■特別論文    
混合研究法の基本型デザインと統合―初学者が陥りやすい落とし穴― 八田太一 (49)
混合研究法介入デザインを研究実践にどう活用するのか 廣瀬眞理子 (61)
■執筆者紹介   (73)
■『立命館人間科学研究』について   (75)
■奥付    

刊行物

立命館人間科学研究

おすすめ


facebook

メールマガジン登録

リンク

ASHS 対人援助学会

生存学研究センター

アクセシビリティ方針