「共感と心理的資源」研究会

代表者: 八木保樹 (総合心理学部 教授)   研究期間: 2016/04 -

このプロジェクトのサイトを見る

援助・サポートを与える側の心理に注目する。たとえば苦境にある人に対してどのような視点をとることが、どのような感情を喚起し、援助・サポートを促進・抑制するのかを中心にした実験的研究を行う。これに間接的にかかわる、心理的資源、対人判断における情報処理の諸側面についてデータを蓄積する。

参加研究者

  • 八木保樹 (総合心理学部)

主な研究資金

2016年度人間科学研究所 研究所重点研究プログラム

関連タグ

心理認知

刊行物

立命館人間科学研究

おすすめ


facebook

メールマガジン登録

リンク

ASHS 対人援助学会

生存学研究センター

アクセシビリティ方針