取調録画映像の事実認定への影響を明らかにする質的分析

代表者: 山崎優子   研究期間: 2020/4 -

このプロジェクトのサイトを見る

「取調録画映像が事実認定に及ぼすインパクトについての心理学・法学の学際的研究」の実験で得られた自由記述に関して質的分析(カテゴリ分類にもとづく分析)を行い、取調情報の提示媒体(供述調書、取調録画映像)のちがいが事実認定過程に及ぼす質的な影響を明らかにする。

参加研究者

  • 山崎優子(R-GIRO・専門研究員)

主な研究資金

2020年度 人間科学研究所 萌芽的プロジェクト研究助成プログラム


刊行物

立命館人間科学研究

おすすめ


facebook

メールマガジン登録

リンク

ASHS 対人援助学会

生存学研究所

アクセシビリティ方針