小澤亘

立命館大学研究者学術情報データベースへのリンク
(新しいタブ又はウインドウで開きます)

 多様な文化的マイノリティの社会的包摂という問題に関して、アクションリサーチの手法によって社会学的にアプローチしている。現在、以下の3つの課題に取り組んでいる。

1) 在日コリアン高齢者・障がい者支援(オールドカマ―問題) 

2) 外国人児童の学習支援(ニューカマー問題)

3) 外国人観光者に向けた多言語観光情報サイトの構築(短期滞在者支援の問題)

職歴

1979年一橋大学経済学部卒業
1985年一橋大学社会学部卒業
1987年中央大学大学院法学研究科修士課程修了
1991年一橋大学大学院社会学研究科博士後期課程単位取得退学
1991年大東文化大学法学部政治学科助手
1994年立命館大学産業社会学部助教授
2001年立命館大学産業社会学部教授

主な研究分野

社会学・多文化共生論

主な研究業績

学術論文

論文・単緒 “‘Foreign Citizens’and Public Sphere in Japan”(立命館産業社会論集 第45巻第3号、2009年12月)、43〜52ページ

論文・単著“How to collaborate between Univ. and NGO to empower the Youth : A Challenge depending on the Data of Comparative Study on Volunteering Culture between Japan, Korea and Canada”, The 6th ISTR Asian Pacific Regional Conference Proceeding(第6回国際第3部門学会亜洲太平洋区域年会論文集),13 pages, November 2009

論文・単著「市民教育とボランティア」(加藤哲郎・国広敏文編『グローバル化時代の政治学』、法律文化社、2008年3月)、215〜236ページ

単編著、立命館大学ボランティアセンター主催国際シンポジウム報告書『ボランティアリズムと教育-カナダ、韓国、そして、日本』、立命館大学ボランティアセンター、2008年3月、総頁77ページ

論文・単著 「日本における青少年ボランティア政策の現在」(立命館大学ボランティアセンター主催国際シンポジウム報告書『ボランティアリズムと教育-カナダ、韓国、そして、日本』、立命館大学ボランティアセンター、2008年3月)、60〜74ページ

論文・単著「多文化共生社会の実現に向けて」(加藤直樹・峰島厚・山本隆編『人間らしく生きる福祉学』、ミネルヴァ書房、2005年4月所収)165〜173ページ

論文・単著「ボランティアと市民社会」(佐藤嘉一編著『「方法」としての人間と文化』ミネルヴァ書房、2004年3月所収)151〜168ページ

学会発表

国際シンポジウム報告・単独(ただし、ATDO濱田痲邑氏による代理報告) “Support network for foreign students’ education by DAISY”, International Daisy Congress ‘Digital Books, Inclusion and the Market: New production perspectives’, 5th November, in Sao Paulo.

国際シンポジウム報告・単独 “Support Network for the Elderly Foreigner: A New Movement of Korean Old Comers in Kyoto”, Conference on “Immigration in Multi-ethnic Contexts from International Perspectives”, December 2010, in Taipei

学会報告・単独  “Comparative study on Volunteerism of the Youth in Japan, Korea and Canada : Focusing on the Function of Mandatory Volunteer Program”, ISTR(International Society for Third-Sector Research) 9th International Conference, July 2010, in Istanbul

学会報告・単独 「日本の中等教育におけるサービスラーニングの課題:東京都立高校「奉仕」科目を中心に」、第11回大会国際ボランティア学会(京都)、 2010年3月

学会報告・単独 “How to collaborate between Univ. and NGO to empower the Youth : A Challenge depending on the Data of Comparative Study on Volunteering Culture between Japan, Korea and Canada”, The 6th ISTR Asian Pacific Regional Conference , November 2009, in Taipei

国際シンポジウム報告・単独 “‘Foreign Citizen’and Public Sphere in Japan”, International Conference on East Asian Public Sphere and Civil Society, September 2009 in HsinChu

参加プロジェクト(終了したものを含む)


刊行物

立命館人間科学研究

おすすめ


facebook

メールマガジン登録

リンク

ASHS 対人援助学会

生存学研究センター

アクセシビリティ方針