『立命館人間科学研究』No.33 [通巻49号](2016年2月発行)

Contents

■表紙  
■目次  
■編集委員長から
編集委員長就任にあたって 松原洋子 (1)
■原著論文
時効論・損害論への法心理学的アプローチ ―民事損害賠償請求における被害者支援のために― 松本克美 (3)
アメリカ初期裁判心理学におけるミュンスターバーグとウィグモアの論争 ―大衆への訴えかけと専門家との関係から― 篠木涼 (15)
1987 年精神衛生法改正の政策過程 ―利益集団の動き― 桐原尚之 (29)
地域に立ち向かう母親の共同的アイデンティティ ―恵那「障害児者」運動の源としての『かやのみ』より― 篠原眞紀子 (45)
■実践と論考
外国にルーツを持つ児童生徒の学習権保障とデジタル教科書政策 小澤亘 (63)
■執筆者紹介  
■『立命館人間科学研究』について  
■奥付  

刊行物

立命館人間科学研究

おすすめ


facebook

メールマガジン登録

リンク

ASHS 対人援助学会

生存学研究センター

アクセシビリティ方針