渡辺克典

立命館大学研究者学術情報データベースへのリンク
(新しいタブ又はウインドウで開きます)

 これまでは、人前でどもってしまう言語障害=吃音について、相互行為論という立場から具体的な言葉・身体のやりとりを分析したり、障害と矯正をめぐる言説を国民国家形成期における「社会(の)学」と関連づけて論じてきました。現在は、<社会において病・障害と生きること>について、病者・障害者の当事者運動から考えています。

参加プロジェクト(終了したものを含む)


刊行物

立命館人間科学研究

おすすめ


facebook

メールマガジン登録

リンク

ASHS 対人援助学会

生存学研究センター

アクセシビリティ方針