相澤育郎

立命館大学研究者学術情報データベースへのリンク
(新しいタブ又はウインドウで開きます)

 犯罪行為に及んだ人々の社会復帰に必要なものは何かという観点から、処遇制度やトリートメントのあり方を考察することが私の主たる研究内容です。現在はフランスの刑罰適用裁判官制度を中心に検討していますが、犯罪者処遇のグッド・ライフ・モデルや刑務所医療についても関心を持っています。

職歴

2008年 龍谷大学大学院法学研究科修士課程修了
2013年 九州大学大学院法学府単位修得退学
2016年 博士(法学)取得
2016年8月 立命館大学立命館グローバル・イノベーション研究機構 専門研究員

主な研究分野

刑事政策、犯罪学、犯罪者処遇

参加プロジェクト(終了したものを含む)


刊行物

立命館人間科学研究

おすすめ


facebook

メールマガジン登録

リンク

ASHS 対人援助学会

生存学研究センター

アクセシビリティ方針