藤本学

立命館大学研究者学術情報データベースへのリンク
(新しいタブ又はウインドウで開きます)

 対人社会心理学という領域で,対人コミュニケーションに関する研究を進めてきました。そのうち,他領域の研究者や実践家の方々が,積み重ねてきた基礎的知見に“対人援助”可能性を見出し,声をかけてくれるようになりました。それは,私が籠っていた狭い殻に隙間を開けました。私には複数の研究テーマがありますが,それらのほとんどが殻の隙間から漏れて隣接領域に融け出した“ニジミ”です。人間科学研究所は,対人援助を核に学融的研究を展開しています。そのとおり私の研究の多くも,自学が他学に融け出したものです。これからも今までと変わらず(またはより一層),対人援助と社会的包摂の領域に,対人社会心理学の殻からじわじわと融け出し,滲んでいきたいと思います。

職歴

2006/03 大阪大学大学院 人間科学研究科 人間科学専攻 博士課程後期課程 修了2007/04-2010/03 久留米大学 文学部 講師2010/04-2015/03 久留米大学 文学部 准教授2015/04- 立命館大学 教育開発推進機構 准教授2015/07- 立命館大学 人間科学研究所 参加研究者

主な研究分野

対人社会心理学

参加プロジェクト(終了したものを含む)


刊行物

立命館人間科学研究

おすすめ


facebook

メールマガジン登録

リンク

ASHS 対人援助学会

生存学研究センター

アクセシビリティ方針