シリーズ9 日本における応用/実験心理学の受容過程 -過去・現在・未来をつなぐための理論と研究-2005年 2月発行)

編集責任:サトウタツヤ/荒川歩

共同研究:人間科学研究所「自己決定とQOLプロジェクト(対人援助の理論・方法・歴史サブプロジェクト)」/日本学術振興会人文社会科学振興のためのプロジェクト事業「ボトムアップ人間関係論の構築」

各記事

はじめに  サトウタツヤ  (1-2) 
シンポジウム
日本における心理学の学範形成:東大・心理学実験室設立100年を迎えて
 
高砂美樹 肥田野直 サトウタツヤ 金森修 大山正 辻敬一郎 西川泰夫 佐藤隆夫  (3-34) 
ワークショップ
日本における臨床心理学の導入と受容過程
 
小泉晋一 泉野淳子 高柳信子 西川泰夫 高砂美樹 荒川歩 小泉晋一  (35-75) 
The History of Applied Psychology in Japan  SATO Tatsuya  (76-90) 
What is Development? Axiomatic bases for a Developmental Science  Jaan Valsiner  (91-103) 

バナーエリア

刊行物

立命館人間科学研究(刊行物)

おすすめ

facebook 立命館大学人間科学研究所メールマガジン登録

リンク

対人援助学会(ASHS:Japanese Association of Science for Human Services) 立命館大学生存学研究センター
サイトポリシー | 個人情報保護について | サイトマップ | お問合せ | 参加研究者ページ
アクセシビリティ方針