シリーズ7 フィールド・質的・カルチュラル -対人援助の実践と研究を支える技法と理論-(2004年 3月発行)

編集責任:サトウタツヤ

共同研究:人間科学研究所・「自己決定とQOLプロジェクト(対人援助の理論・方法・歴史サブプロジェクト)」日本学術振興会人文社会科学振興のためのプロジェクト事業「ボトムアップ人間関係論の構築」

各記事

はじめに  サトウタツヤ  (1-2) 
心理学からみた質的研究  サトウタツヤ  (3-43) 
フィールドでの<声>をどのように聞くのか?
-「加工」以前の現場研究覚え書き-
 
草山太郎 宮内洋  (44-71) 
ナラティブ・ベイスト・メディスン
-医学と人間科学のコラボレーション-
 
斎藤清二  (72-107) 
CULTURAL PSYCHOLOGY TODAY
-Personal introduction to the Ritsumeikan Symposium
 
Jaan Valsiner  (108-118) 

バナーエリア

刊行物

立命館人間科学研究(刊行物)

おすすめ

facebook 立命館大学人間科学研究所メールマガジン登録

リンク

対人援助学会(ASHS:Japanese Association of Science for Human Services) 立命館大学生存学研究センター
サイトポリシー | 個人情報保護について | サイトマップ | お問合せ | 参加研究者ページ
アクセシビリティ方針