シリーズ6 ボランティアの臨床社会学 -ボランティアコーディネーションにおけるチャレンジドケーススタディー(2003年 3月発行)

編集責任: 津止 正敏/斎藤 真緒

共同研究: 人間科学研究所ライフデザインプロジェクト/財団法人キリン福祉財団/社会福祉法人京都市社会福祉協議会

各記事

序 ボランティアプログラムの臨床研究
-ボランティアチャレンジドケースを素材に- 
津止正敏  (p.1) 
第1章 ボランティアコーディネーションにおける困難とその構造化
-「ボランティア相談場面における”困難事例”に関するその構造と専門職員の具体的対応についてのアンケート調査」より- 
斎藤真緒  (p.9) 
第2章 ボランティアコーディネーション事例研究方法試論  南多恵子  (p.26) 
第3章 合同ケースカンファレンス中間報告  山本哲也  (p.35) 
第4章 ヒアリング調査中間報告  南多恵子 山本哲也 足立陽子 志藤修史  (p.65) 
終 プロジェクト研究小括
-あとがきにかえて- 
津止正敏  (p.94) 
資料・活動経過    (p.100) 

バナーエリア

刊行物

立命館人間科学研究(刊行物)

おすすめ

facebook 立命館大学人間科学研究所メールマガジン登録

リンク

対人援助学会(ASHS:Japanese Association of Science for Human Services) 立命館大学生存学研究センター
サイトポリシー | 個人情報保護について | サイトマップ | お問合せ | 参加研究者ページ
アクセシビリティ方針