シリーズ4 公開連続企画「ケア新時代シリーズ第3期 -当事者のまなざし」(2003年 3月発行)

各記事

親がみてきたこと・してきたこと
-京都・学校に行かない子と親の会の経験から-
 
恩田良昭  (1-26) 
薬物依存症からの回復
-大阪ダルクの実践から-
 
加藤武士  (27-50) 
隠蔽された困難の「発見」とケア
-ユニークフェイスとメイクアップ-
 
松本学 小林照子  (51-80) 
家族を結びなおす
-家族に傷ついた人々の回復の物語- 
村石雅也 小林博和 小林貴裕 村本邦子 団 士郎 (聴き手)中村正   
対峙する「こころ」と「からだ」
-性同一性障害の当事者に聴く-
 
上川あや 山路明人 (聴き手)中村正  (111-146) 
ナラティブ・データとしてのライブトーク
-「当事者のまなざし-紡ぎなおしの物語を聴く-」から-
 
中村正  (147-164) 

バナーエリア

刊行物

立命館人間科学研究(刊行物)

おすすめ

facebook 立命館大学人間科学研究所メールマガジン登録

リンク

対人援助学会(ASHS:Japanese Association of Science for Human Services) 立命館大学生存学研究センター
サイトポリシー | 個人情報保護について | サイトマップ | お問合せ | 参加研究者ページ
アクセシビリティ方針