シリーズ5 ボランティアケーススタディ -立命館大学におけるボランティア教育の推進と環境整備に向けて-(2003年 3月発行)

編集責任: 津止 正敏/秋葉 武/足立 陽子 共同研究: 人間科学研究所ライフデザインプロジェクト/財団法人キリン福祉財団/社会福祉法人京都市社会福祉協議会

各記事

大学とボランティア教育プログラム
-序にかえて-
 
津止正敏  (1-5) 
Ⅰ.立命館大学生のボランティア活動の意識・実態調査報告とボランティア活動の具体的支援
-立命館ボランティアセンター設置を視野に入れて-
 
企画研究Ⅰ・ボランティア研究グループ(VCTP修了生)  (6-81) 
Ⅱ.全国の大学ボランティアセンター視察調査報告  秋葉武 足立陽子 斎藤真緒 白樫俊 南多恵子  (82-112) 
Ⅲ.大学・学生ボランティアセンターの現状と課題からみる将来像
-8つの大学・学生ボランティアセンターの事例から-
 
山本有紀  (113-150) 
(資料)1.文部科学省 中央教育審議会  「青少年の奉仕活動・体験活動の推進方策等について」答申     
(資料)2.大学ボランティアセンタースタディ 研究経過    (178-181) 
執筆分担者紹介     

バナーエリア

刊行物

立命館人間科学研究(刊行物)

おすすめ

facebook 立命館大学人間科学研究所メールマガジン登録

リンク

対人援助学会(ASHS:Japanese Association of Science for Human Services) 立命館大学生存学研究センター
サイトポリシー | 個人情報保護について | サイトマップ | お問合せ | 参加研究者ページ
アクセシビリティ方針