共同対人援助モデル研究 報告書10
  
「持続的対人援助に向けた地域資源としての大学」(2013年3月発行)

持続的対人援助に向けた地域資源としての大学
Developing Sustainable Support Systems: The University as a Community Resource

表紙     
まえがき  松田亮三   
目次     
第Ⅰ部 自立支援のための持続的対人援助
-地域資源としての大学の活用-
 
   
1. 基調講演 「地域エコシステムにおける大学の役割」  山﨑淳一郎   
2. パネルディスカッション「機能的地域資源としての大学の役割」
パネルディスカッション「機能的地域資源としての大学の役割」の趣旨
 
松田亮三   
報告(1) 『学生ジョブコーチ(SJC)』による障がいのある個人に対する就労(キャリア)支援  望月昭   
報告(2)男性介護者のケア・コミュニティ構築および介護者支援に関するアクション・リサーチ  斎藤真緒   
報告(3)アーカイビングと情報的正義からみた融合のプラットフォームとしての大学の可能性  サトウタツヤ   
報告(4)機能的地域資源としての大学の役割
-高齢者支援の経験から-
 
土田宣明   
パネルディスカッション      
第Ⅱ部 対人援助に対する情報金庫・アーカイブの活用に向けて     
はじめに  松田亮三   
(1) 障害のある個人の『キャリア・パスポート』:
継続的支援のためのポートフォリオの作成
 
望月昭   
(2) 情報金庫の意義について:情報的正義の立場から  サトウタツヤ   
(3) 大学の個人情報保護と情報金庫について  松田亮三   
付属資料1 消費者庁「個人情報の保護に関する法律の概要」      
付属資料2 立命館大学「学校法人立命館個人情報保護規程」      
付属資料3 大阪大学「個人情報の管理に関する規程」      
あとがき  土田宣明   
奥付     

バナーエリア

刊行物

立命館人間科学研究(刊行物)

おすすめ

facebook 立命館大学人間科学研究所メールマガジン登録

リンク

対人援助学会(ASHS:Japanese Association of Science for Human Services) 立命館大学生存学研究センター
サイトポリシー | 個人情報保護について | サイトマップ | お問合せ | 参加研究者ページ
アクセシビリティ方針