社会と認知(2000年3月)

第1部 発達心理学
「社会-認知的発達」という概念をめぐって
-プロジェクト「社会と認知」:幼児期・児童期の研究の背景
高木和子 1
遊び集団が仲間入りを拒否する要因
-集団側の開放性を規定する要因としての共同的遊びの検討-
滝谷七重 11
保育園活動に関する「手ごたえ」の表現
-就学前児によるひらがな文字はんこ作文の内容分析-
高田薫 20
保育園児における本の借り出し行動
-かな文字読書量とTOPT成績を認知的指標とした検討-
鈴木麻希
高木和子
31
幼児の絵本選択に影響を与えているものは何か 西川由紀子 39
ひらかなはんこ作文に表れた幼児の表記特徴 小森伸子 48
“発達に適切な環境”とは
-アメリカの教育団体による指針より-
小川徳子 56
第2部 社会心理学
自我脅威および死の脅威からの逃避としての摂食行動 八木保樹 67

バナーエリア

刊行物

立命館人間科学研究(刊行物)

おすすめ

facebook 立命館大学人間科学研究所メールマガジン登録

リンク

対人援助学会(ASHS:Japanese Association of Science for Human Services) 立命館大学生存学研究センター
サイトポリシー | 個人情報保護について | サイトマップ | お問合せ | 参加研究者ページ
アクセシビリティ方針