大学の教育自己評価と教授能力開発に関する基礎的研究(1996年3月)

緒言 古寺雅男 1
序章 研究の概略と課題設定の経緯
 1 研究の概略および経過 佐藤善治 3
 2 教育自己評価活動の前進のために
-FD活動の展開をめざして-
向井俊彦 7
第1章 経済学と経済学教育のあり方に関するシンポジウム報告
「経済学の機器と経済学教育の改革」
パネラー
 鈴木登
 上野俊樹
 稲葉和夫
 松原豊彦
コメンテーター
 角田修一
 松川周二
13
第2章 米国経済学会(A.E.A.)における経済学教育に関する議論と経過
-その歴代的議論と主要内容-
鈴木登 61
第3章 米国経済学教育テキストの検討 中山広樹 99
第4章 経済学の専門基礎教育のあり方
-「経済原論」(マルクス経済学)のテキスト内容に関連して-
高木彰 115
第5章 経済・経営学教育関係の授業開発に関する教員アンケート調査 佐藤善治 131
資料 主な項目のクロス集計表一覧 171
あとがき 218

バナーエリア

刊行物

立命館人間科学研究(刊行物)

おすすめ

facebook 立命館大学人間科学研究所メールマガジン登録

リンク

対人援助学会(ASHS:Japanese Association of Science for Human Services) 立命館大学生存学研究センター
サイトポリシー | 個人情報保護について | サイトマップ | お問合せ | 参加研究者ページ
アクセシビリティ方針