生涯発達の視点から見た「学び」の多様性と個性化に関する研究(1995年3月)

はしがき 1
個性化の課程としての生涯発達の視点から社会生活における「学び」をとらえる 高木和子 3
第1部 幼児期における個性化のはじまりを考える
保育経験の違いによる子どもを見る視点の変化
-保育者のもつ子ども観-
柴田直峰 19
保母から見た子ども像
-許される/許されない個性-
脇中洋 27
幼児の自発的な文字読みを通してみた継承的学びの始まり 高木和子 47
第2部 青年期における個への形成をとらえる
自尊心と自己直視性 八木保樹 65
自己直視性における感受性 鈴木清
内藤みちよ
八木保樹
107
第3部 老年期における回想から個性化をとらえる
心理学的研究に自伝的回想を用いることの妥当性
-高齢者の回想による日常的問題解決過程解明の場合-
守屋慶子 119
対人的問題の解決過程にみられる自己制御
-高齢者の回想記録の分析-
齊藤憲一郎 155

バナーエリア

ピックアップ

年次総会情報

刊行物

立命館人間科学研究(刊行物)

おすすめ

facebook 立命館大学人間科学研究所メールマガジン登録

リンク

対人援助学会(ASHS:Japanese Association of Science for Human Services) 立命館大学生存学研究センター
サイトポリシー | 個人情報保護について | サイトマップ | お問合せ | 参加研究者ページ
アクセシビリティ方針