『立命館人間科学研究』No.14 [通巻30号](2007年3月発行)

表紙
目次
特集号:臨床人間科学の構築-対人援助のための人間環境研究
はじめに 望月 昭  
■研究論文
ワークショップ体験の持続的価値に関する一考察
-場と個の一体感が生じるとき-
西山 智彦
橋本 光代
松田 佳子
(3)
対話型進化計算を用いた魚群の知的自動生成システム 小林 佳奈美
陳 延偉
黄 辛隠
(17)
フィールドワークの技法と作法
〜子どもを対象としたフィールドにおける問題点を手がかりに〜
水月 昭道 (27)
ボランティア・NPOとソーシャル・キャピタルバットナムを超えて 桜井 政成 (41)
カメラと照明の方向が無表情顔の印象に及ぼす影響 尾田 政臣 (53)
再認記憶とソースモニタリングにおける誤情報効果 星野 祐司 (63)
他個体の行動的刺激による刺激性制御 中鹿 直樹 (73)
■実践報告
ユースサービスの方法とユースワーカー養成のプログラム開発
〜ユースワーカー養成に関する研究会の議論から〜
水野 篤夫
遠藤 保子
(85)
自閉症スペクトラム児のための療育プログラム開発
(1)-親の会:親のニーズの分析から
(2)-幼児期:ふり遊びの分析から
(3)-学童期:「ごっこ」遊びの分析から
前田 明日香
荒井 庸子
梅山 佐和 他
(99)
(113)
(127)
地域に暮らす高齢者を援助するサポートネットの組織化およびその発展 高橋 伸子
吉田 甫
大川 一郎
土田 宣明
(143)
「ヨロコバセ」プロジェクト
-ダイバーシティマネジメントを志向した多文化チームでの異文化コミュニケーションおよびプロジェクト学習技法習得のための協同学習
近藤 まり
藤本 武士
(151)
■研究ノート
Gerontologyを取り巻く諸相(1)
“Gerontologyを取り巻く一般情勢”
高橋 正義 (159)
■展望論文
セクシャルヘルスプロモーションの射程
-新しいアジェンダとしての若者のセクシャルヘルスを中心に-
斎藤 真緒 (167)
医療におけるコミュニティ・住民エンパワメント:
実践課題分析のための枠組
松田 亮三 (183)
編集規定
執筆者
編集委員

バナーエリア

ピックアップ

年次総会情報

刊行物

立命館人間科学研究(刊行物)

おすすめ

facebook 立命館大学人間科学研究所メールマガジン登録

リンク

対人援助学会(ASHS:Japanese Association of Science for Human Services) 立命館大学生存学研究センター
サイトポリシー | 個人情報保護について | サイトマップ | お問合せ | 参加研究者ページ
アクセシビリティ方針