インクルーシブ社会研究 17 対人援助の新展開:理論・方法・制度の視点から(2017年3月発行)

インクルーシブ社会研究 17 対人援助の新展開:理論・方法・制度の視点から(全てをダウンロード)[PDF形式:4.52MB]
編集担当:相澤育郎・矢藤優子

対人援助の新展開:理論・方法・制度の視点から
New Developments in Human Services: Theories, Methods and Institutions

表紙      
まえがき  松原洋子   
目次      
■シンポジウム1 犯罪からの社会復帰に必要なものを考える:法と対人援助の視点から     
企画趣旨  相澤育郎   
報告1 犯罪からの社会復帰に必要なものを考える:刑務所の視点から  毛利真弓   
報告2 犯罪からの社会復帰に必要なものを考える:法と対人援助の視点から  中村正   
報告3 犯罪からの社会復帰に必要なものを考える:フランスの法と制度から  相澤育郎   
報告4 犯罪からの社会復帰に必要なものを考える:オーストラリアの場合  森久智江   
質疑応答      
■シンポジウム2  縦断研究のこれまでとこれから:科学的根拠に基づく対人援助を目指して     
企画趣旨  矢藤優子   
報告1 抑うつの世代間伝達に関する長期縦断研究―慢性的逆境要因の連鎖の観点から―  菅原ますみ   
報告2 子育ち子育てエンパワメント:根拠に基づく実践システム  安梅勅江   
質疑応答1      
報告3 学融的な人間科学の構築と科学的根拠に基づく対人援助の再編成  矢藤優子   
質疑応答2      
閉会挨拶  矢藤優子   
附録 ポスターセッション演題・抄録一覧      
あとがき  相澤育郎   
奥付      

バナーエリア

刊行物

立命館人間科学研究(刊行物)

おすすめ

facebook 立命館大学人間科学研究所メールマガジン登録

リンク

対人援助学会(ASHS:Japanese Association of Science for Human Services) 立命館大学生存学研究センター
サイトポリシー | 個人情報保護について | サイトマップ | お問合せ | 参加研究者ページ
アクセシビリティ方針