インクルーシブ社会研究 14 日本とイングランドの公衆衛生機構-第一回日英公衆衛生機構比較研究会議(2016年3月発行)

※本号は、現在公開準備中です。

インクルーシブ社会研究 14 日本とイングランドの公衆衛生機構 ―第一回日英公衆衛生機構比較研究会議(全てをダウンロード)[PDF形式:1.97MB]
編集担当:松田亮三

日本とイングランドの公衆衛生機構 ―第一回日英公衆衛生機構比較研究会議
Public Health Systems in Japan and England: The First UK-Japan Conference on Public Health System

表紙      
序文と謝辞  松田亮三  (1) 
目次     (4) 
1 健康への公共的対応―公衆衛生機構への関心    (5) 
2 第1回日英公衆衛生機構比較研究会議について    (17) 
3 イングランド・日本の公衆衛生機構    (27) 
(1)イングランドの新しい公衆衛生機構
 
ジェニファー・ハリーズ   
(2)日本の公衆衛生行政とその課題
 
椎葉 茂樹   
(3)イングランドにおける公衆衛生機構の発展:その略史と将来展望
 
デイビット・ハンター   
4 イングランド・日本の地方公衆衛生機構と疾病対策    (47) 
(1)ケントの公衆衛生
 
アンドリュー・スコット- クラーク   
(2)奈良県の公衆衛生の現状と課題
 
山田 全啓   
(3)公衆衛生行政―市町村の視点から
 
土井 渉   
(4)公衆衛生サービスの実施―糖尿病について  エリカ・ガッヅビー、スティーブン・ペッカム   
5 結び―公衆衛生機構のさらなる検討に向けて    (75) 
(1)第1回日英公衆衛生行政機構比較研究会議を終えて  中原 俊隆   
(2)公衆衛生機構の比較―さらなる検討に向けて  松田 亮三   
付属資料
第1回日英公衆衛生機構比較研究会議報告者・組織者紹介 
   (83) 
奥付      

バナーエリア

ピックアップ

年次総会情報

刊行物

立命館人間科学研究(刊行物)

おすすめ

facebook 立命館大学人間科学研究所メールマガジン登録

リンク

対人援助学会(ASHS:Japanese Association of Science for Human Services) 立命館大学生存学研究センター
サイトポリシー | 個人情報保護について | サイトマップ | お問合せ | 参加研究者ページ
アクセシビリティ方針