インクルーシブ社会研究 3 対人支援における大学と社会実践の連携(2014年10月発行)

インクルーシブ社会研究 3 対人支援における大学と社会実践の連携(全てをダウンロード)[PDF形式:6.78MB]
編集担当:稲葉光行・松田亮三
※本号の内容にほぼ対応した英語版が、『インクルーシブ社会研究』第4号として同時刊行されております。

対人支援における大学と社会実践の連携
Cooperation between Academia and Social Practices in Human Services

表紙     
まえがき  松田 亮三  (1) 
目次     
Ⅰ 基調講演     
対人支援におけるエビデンスに基づく実践  ハルク・ソイダン  (6) 
Ⅱ パネルディスカッション
「インクルーシブ社会に向けた支援の〈学=実〉連環型研究を展望する」
 
   
パネルディスカッション「インクルーシブ社会に向けた支援の〈学=実〉連環型研究を展望する」の趣旨  稲葉 光行  (32) 
報告⑴「対人支援における〈学=実〉連環型研究の方法論」  松田 亮三  (38) 
報告⑵「社会的包摂に向けた予見的支援の研究」  土田 宣明  (42) 
報告⑶「社会的包摂に向けた伴走的支援の研究」  谷 晋二  (48) 
報告⑷「社会的包摂に向けた修復的支援の研究」  中村 正  (54) 
報告⑸「社会的包摂と支援に関する基礎的研究」  小泉 義之  (62) 
Q&A、ディスカッション     (65) 
コメント  ハルク・ソイダン  (65) 
閉会挨拶    (71) 
資料 ポスターセッション 演題一覧    (73) 
寄稿者一覧    (78) 
あとがき  稲葉 光行  (81) 
奥付      

バナーエリア

刊行物

立命館人間科学研究(刊行物)

おすすめ

facebook 立命館大学人間科学研究所メールマガジン登録

リンク

対人援助学会(ASHS:Japanese Association of Science for Human Services) 立命館大学生存学研究センター
サイトポリシー | 個人情報保護について | サイトマップ | お問合せ | 参加研究者ページ
アクセシビリティ方針