インクルーシブ社会研究 2 『法と人間学』という学融的領域が切り開く未来(2014年3月発行)

インクルーシブ社会研究 2 『法と人間学』という学融的領域が切り開く未来(全てをダウンロード)[PDF形式:11.4MB]
編集担当:山崎優子・サトウタツヤ

『法と人間学』という学融的領域が切り開く未来
Law and Human Science as a New Trans-disciplinary Area

表紙      
まえがき  サトウタツヤ  (1) 
目次     (3) 
開会挨拶  仲 真紀子  (5) 
第一部 過去から現代へ:法と人間科学の歴史からの展望     
『法心理(思想)史』   サトウタツヤ  (13) 
『刑法思想史』   石塚 伸一  (33) 
第二部 現代から未来へ:近年の接点からの展望     
『裁判員裁判』  唐沢かおり  (45) 
『治療的司法』   指宿  信  (58) 
指定討論  浜田寿美男・藤田 政博  (63) 
質疑応答    (72) 
閉会挨拶  仲 真紀子  (79) 
奥付      

バナーエリア

刊行物

立命館人間科学研究(刊行物)

おすすめ

facebook 立命館大学人間科学研究所メールマガジン登録

リンク

対人援助学会(ASHS:Japanese Association of Science for Human Services) 立命館大学生存学研究センター
サイトポリシー | 個人情報保護について | サイトマップ | お問合せ | 参加研究者ページ
アクセシビリティ方針