『立命館人間科学研究』No.29 [通巻45号](2014年2月発行)

各記事

■表紙     
■目次     
編集委員長から
新しい編集規程・論文審査(査読)規程について
 
松田亮三  (1) 
■研究論文     
高齢者の自己や他者に対する信頼感が事件被害のリスク認知に及ぼす影響  山崎優子・仲真紀子・石崎千景・サトウタツヤ  (3) 
中国における自閉症スペクトラム児とその家族のニーズに関する研究  張鋭  (19) 
周産期における夫婦間関係性に働きかける援助
 ―助産院助産師の実践についての質的研究―
 
小嶋理恵子  (35) 
「Y 問題」における被害事実と運動方針
 ―Y 君は何と闘ったか―
 
桐原尚之  (49) 
普通学校における医療的ケアの必要な子どもへの教育をめぐる問題の生成
 ―当事者としての親の視点から―
 
八木慎一  (65) 
死刑賛否に影響する要因と死刑判断に影響する要因  山崎優子・石崎千景・サトウタツヤ  (81) 
■展望論文     
わが国の大学生の生活習慣と精神健康に関わる研究の動向と課題  徳田完二  (95) 
■実践報告     
五島列島の若者を取り巻く生きづらさと地域
 ―社会参加が困難な状態にある若者が参加できる地域づくり実践へ向けて―
 
岡部茜・青木秀光・深谷弘和・山本耕平  (111) 
■執筆者紹介     (123) 
■『立命館人間科学研究』について
(編集規程、投稿規程、編集委員・レビュアー紹介)
 
   (125) 
■奥付      

バナーエリア

刊行物

立命館人間科学研究(刊行物)

おすすめ

facebook 立命館大学人間科学研究所メールマガジン登録

リンク

対人援助学会(ASHS:Japanese Association of Science for Human Services) 立命館大学生存学研究センター
サイトポリシー | 個人情報保護について | サイトマップ | お問合せ | 参加研究者ページ
アクセシビリティ方針