シリーズ14 高機能自閉症児およびアスペルガー症候群児の教育的対応と発達の可能性 特集:高機能自閉症およびアスペルガー症候群の今日的理解 (2006年 3月発行)

編集責任:荒木穂積

共同研究:立命館大学人間科学研究所「子どもプロジェクト」

各記事

はじめに  荒木穂積  (1-2) 
高機能自閉症およびアスペルガー症候群の理解の現在  十一元三  (1-16) 
教育上特別の対応を必要とする子どもたちへの教育の現在  青山芳文   
シンポジウム
-教育的対応と発達の可能性-
 
   
TEACCHの今日的課題  内山登紀夫  (1-13) 
感覚統合療法アプローチの今日的課題  加藤寿宏  (1-13) 
自閉症と遊び
-遊びを教えることは可能か?-
 
荒木穂積  (1-12) 
ABA( 応用行動分析 )の今日的課題  望月昭  (1-15) 
指定討論  青山芳文 江川正一 両角正子  (1-7) 

バナーエリア

刊行物

立命館人間科学研究(刊行物)

おすすめ

facebook 立命館大学人間科学研究所メールマガジン登録

リンク

対人援助学会(ASHS:Japanese Association of Science for Human Services) 立命館大学生存学研究センター
サイトポリシー | 個人情報保護について | サイトマップ | お問合せ | 参加研究者ページ
アクセシビリティ方針