共同対人援助モデル研究 報告書5 「人間科学と平和教育〜体験的心理学を基盤とした歴史・平和教育プログラム開発の視点から」(2012年10月発行)

人間科学と平和教育〜体験的心理学を基盤とした歴史・平和教育プログラム開発の視点から
Human science and Peace Education:from a viewpoint of developing a history/peace education program based on Experiential Psychology

表紙
はじめに 村本 邦子
目次
第Ⅰ部 国際シンポジウム「人間科学と平和教育〜体験的心理学を基盤とした歴史・平和教育プログラム開発の視点から」記録 Ⅰ-1 国際シンポジウム「南京を想い起こす2011」報告
1.1 人間科学と平和教育 〜体験的心理学を基盤とした歴史・平和教育プログラム開発の取り組みから 村本 邦子
1.2 The basics and applications of Healing the Wounds of the History Program(in English) Armand Volkas
1.3 「HWH歴史の傷を癒す」プログラムの基礎と応用 アルマンド・ボルカス
1.4 中日历史认识与中日和平(in Chinese) 张 连红
1.5 日中歴史認識と日中平和 张 连红
Ⅰ-2 コメンテーターによるコメント
2.1 コメンテーター1 大門 高子
2.2 コメンテーター2 加國 尚志
2.3 コメンテーター3 中村 正
Ⅰ-3 ディスカッション
ディスカッション
第Ⅱ部 国際ワークショップ「人間科学と平和教育〜体験的心理学を基盤とした歴史・平和教育プログラム開発の視点から」から
個人と社会の変容のためのドラマセラピーの基礎 アルマンド・ボルカス
第Ⅲ部 国際シンポジウムを終えて今後に向けて
3.1 物語のタペストリー 小田 博志
3.2 国際シンポジウム「人間科学と平和教育」今後の展望 村川 治彦
3.3 「平和構築のための歴史学」は許容されるのか? 金丸 裕一
3.4 国際シンポジウム「人間科学と平和教育」に参加して 吉 沅洪
3.5 国際シンポジウム・ワークショップ「人間科学と平和教育〜体験的心理学を基盤とした歴史・平和教育プログラム開発の視点から」を開催して〜HWHのこれから 村本 邦子
奥付

刊行物

立命館人間科学研究

おすすめ


facebook

メールマガジン登録

リンク

ASHS 対人援助学会

生存学研究センター

アクセシビリティ方針