『立命館人間科学研究』No.34 [通巻50号](2016年7月発行)

Contents

■表紙
■目次
■原著論文
障害者が教員になることを阻む社会的障壁 ―教員採用試験を点字受験した視覚障害教員の語りから― 中村雅也 (1)
家庭奉仕員制度の歴史における「間隙」 ―1970 年代における社会的位相に着目して― 佐草智久 (19)
「学校社会事業(スクールソーシャルワーク)」「学校福祉」の実践に関する研究 ―「非行・問題行動」に対する実践の歴史に着目して― 中西真 (35)
裁判員裁判における評議パターンの提案 ―質的・量的分析の統合から― 小坂祐貴・山崎優子・石崎千景・中田友貴・若林宏輔・サトウタツヤ (49)
■実践と論考
トランスレーショナル対人支援研究 ―より能動的・体系的な学・実連携研究に向けて― 松田亮三 (69)
■講演録
アメリカにおける冤罪原因とイノセンス運動の意義 Causes of Wrongful Convictions and the Significance of the Innocence Movement Brandon L. Garrett
翻訳:笹倉 香奈
(77)
■執筆者紹介  
■『立命館人間科学研究』について  
■奥付  

刊行物

立命館人間科学研究

おすすめ


facebook

メールマガジン登録

リンク

ASHS 対人援助学会

生存学研究センター

アクセシビリティ方針