司法面接の図化プロジェクト

代表者: 安田裕子 (総合心理学部 准教授 )研究期間: 2016/04 - 2017/03

 被害を受けた子どもを対象とした司法面接の多専門職連携を困難にする心理的要因を調査し、子どもの精神的負担に配慮しつつ正確な情報を収集する面接法の共有と多職種連携の実現可能性を追究することが本チームの目標である。
 上記の社会実装を試行・探求するにあたり、質的研究法として開発・精緻化され社会実装への適用を検討しつつあるTEA(複線径路等至性アプローチ)を、被害プロセスの明確化にいかに活用しうるかの可能性について検討を試みる。

参加研究者

主な研究資金

  • 2016年度人間科学研究所 研究所重点研究プログラム

バナーエリア

刊行物

立命館人間科学研究(刊行物)

おすすめ

facebook 立命館大学人間科学研究所メールマガジン登録

リンク

対人援助学会(ASHS:Japanese Association of Science for Human Services) 立命館大学生存学研究センター
サイトポリシー | 個人情報保護について | サイトマップ | お問合せ | 参加研究者ページ
アクセシビリティ方針