全所的プロジェクト:大学を模擬社会空間とした自立支援のための持続的対人援助モデルの構築

代表者: 土田宣明 (総合心理学部 教授 )研究期間: 2010/04 - 2012/03

大学を模擬社会空間とした自立支援のための持続的対人援助モデルの構築
プロジェクトページへのリンク

このプロジェクトの目的は、これまでの研究実績を踏まえ、「大学」という研究資源をもつ有機的な場を、機能的な地域資源あるいは継続的なシミュレーションの場として構造的に活用し、地域で様々な問題を抱えながらも相互に関係し合う人間生活のあり方について、実証的に検討することにあります。
具体例のひとつとしては、衣料店や飲食店などの地域生活シミュレーションが可能な実習室を大学内に設置し、障がい学生の就労実習等のサポートのあり方を研究します。
高齢者ウェルビーイング・自閉症児サークル・学生ジョブコーチ・男性介護者・加害者支援・バリアフリーなど、これまでの個別研究プロジェクトの研究の高度化をはかるとともに、様々な人々が相互に出会い社会的役割を担うことのできる地域を創造する上で、物理的・社会的・情報的にどのような設定や支援が最も有効かを組織的・系統的に検討します。そこでは、継続的な支援に不可欠な情報移行や事例アーカイブなどの個人情報保護を前提にしながらもどのように蓄積していけるかといった課題にも応えることのできる方法論の開発も含みます。
このように、立命館大学のこれまでの地域連携の伝統と臨床人間科学的な研究の蓄積のうえに、新しい地域貢献を追及し、大学というものの新しいありかたについて広く社会に呈示していこうとするものです。

このプロジェクトのサイトを見る

プロジェクトグループ 大学を模擬社会空間とした自立支援のための持続的対人援助モデルの構築プロジェクト

参加研究者

主な研究資金

  • 文部科学省文部科学省私立大学戦略的研究基盤形成支援事業:23,000,000

バナーエリア

刊行物

立命館人間科学研究(刊行物)

おすすめ

facebook 立命館大学人間科学研究所メールマガジン登録

リンク

対人援助学会(ASHS:Japanese Association of Science for Human Services) 立命館大学生存学研究センター
サイトポリシー | 個人情報保護について | サイトマップ | お問合せ | 参加研究者ページ
アクセシビリティ方針