比較ケア制度・政策プロジェクト

代表者: 松田亮三 (産業社会学部 教授 )研究期間: 2010/04 - 2016/03

さまざまな病いや障害に直面する人々が多くあるなかで、そしてその増加が見込めるなかで、どのように社会的にケアを組織するか、そしてそれに関わる政策はいかなるものか、を検討しています。特に、国際比較を通じて、医療を中心とした各国のケア組織・政策と社会との関連、また公衆衛生政策(公共的な健康政策)について分析し、その特徴を浮かび上がらせることを行っています。国としては、日本、イギリス、スウェーデン、アメリカを中心に検討しています。

このプロジェクトのサイトを見る

参加研究者

実績等

学会等での発表

  • 「国際比較の観点からみたオランダ・日本の医療政策の変化」(2011年11月16日)を開催。

出版物・メディアでの紹介等

  • 松田亮三(2011.09)公衆衛生政策における現在知の集積・総合・共有―英国からの示唆.公衆衛生 Vol.75 No.9, 695-699.
  • 松田亮三(2011.04) 熟議的・反省的医療政策に向けて―公平・質・効率・持続可能性と制度枠組み―, 総合研究開発機構『時代の流れを読む―自律と連帯の好循環―』(NIRA研究報告書), pp.77-92.
  • 松田亮三(2010.10)2006年医療改革における医療の責任と財源調達の変化『保健医療社会学論集』Vol.21, No.1, pp.1-8.
  • Ryozo Matsuda, "Changing roles of social health insurers in delivering public health services", Health Systems and Policy Monitor Networking meeting, 22 and 23 November 2012,Universita' Cattolica del SacroCuore, Rome
  • Ryozo Matsuda, "Divided and Universal: Gradual Changes in Japanese Health Insurance", The 22nd World Congress of International Political Science Association, Universidad Complutense de Madrid at the Moncloa Campus, Madrid, 8-12 July 2012(8th July, oral presentation paper at a session organized by RC25).
  • Ryozo Matsuda and Toshitaka Nakahara, "Changing Roles of Social Health Insurers in Delivering Public Health Services", The 13th World Congress on Public Health, Addis Ababa, 23-27 April, 2012 (25th April, oral presentation paper).
  • Ryozo, Matsuda, "Choices in primary health care in Japan: restrictions or inducement?", Choices in Health Care: Debates and Experiences in the UK and Japan, Ritsumeikan University, Kyoto, 28 March 2012(oral presentation).
  • Ryozo Matsuda, "Health policy changes: the Japanese Case", The Japanese and Dutch health policy changes in international comparative perspective, Ritsumeikan University, Kyoto, 16 November 2011(oral presentation).
  • Ryozo Matsuda, "Continuity and change in Japanese health policy", Annual Conference of Political Studies Association, Politics of Health group, Merton College, Oxford, 6-7 September 2010(7th September, oral presentation).
  • Ryozo Matsuda, "Japanese Health Policy: Continuity and Change", The 7th East Asian Social Policy research network (EASP) international conference, 20-21 August 2010,Sogang University, Soul (21st August, Oral Presentation).

主な研究資金

  • 2013年度前期国際化推進プログラム「非ビスマルク型社会保険医療をめぐる制度配置と医療改革の政治:日仏比較研究」(代表:松田亮三)
  • 立命館大学・2012 年度 研究推進プログラム(基盤研究)「公衆衛生行政の日英比較検討にもとづく国際比較分析の枠組みの開発」(代表:松田亮三)
  • 文部科学省私立大学戦略的研究基盤形成支援事業「大学を模擬社会空間とした自立支援のための持続的対人援助モデルの構築」(代表:土田宣明、2010-2012年度)
  • 文部科学省科研費基盤研究B「『患者の選択』をめぐる英国政策過程の分析:自由・効率・公平をめぐるダイナミズム」(代表:松田亮三、 2008-2011年度)

バナーエリア

刊行物

立命館人間科学研究(刊行物)

おすすめ

facebook 立命館大学人間科学研究所メールマガジン登録

リンク

対人援助学会(ASHS:Japanese Association of Science for Human Services) 立命館大学生存学研究センター
サイトポリシー | 個人情報保護について | サイトマップ | お問合せ | 参加研究者ページ
アクセシビリティ方針