大学のキャリア支援を支援する

代表者: 妹尾麻美 (立命館グローバル・イノベーション研究機構 研究員 )研究期間: 2017/07 - 2018/03

 1990年代後半ごろから、大学生の「キャリア」を積極的に支援しようとする大学が増加した。大学における「キャリア支援」は、就職支援のみならず、学生生活やその後の職業への移行を支援する役割を担う。支援者は、学生ひとりひとりの抱える困難を聞き取り、ときに対応を考えねばならない。学生の抱えている困難はそれぞれに異なるため、その解決方法も異なる。それゆえに、支援は難しさを伴う。
 本研究プロジェクトは、そのような難しさに向き合う「支援者」に焦点を当てる。具体的には、聞き取り調査を通じて「支援者が、どのように支援を実施しているのか」を明らかにする。本研究は、支援の難しさや問題点を整理し、その解決方法を考えていく。

参加研究者

主な研究資金

  • 2017年度 人間科学研究所 萌芽的プロジェクト研究助成プログラム

バナーエリア

刊行物

立命館人間科学研究(刊行物)

おすすめ

facebook 立命館大学人間科学研究所メールマガジン登録

リンク

対人援助学会(ASHS:Japanese Association of Science for Human Services) 立命館大学生存学研究センター
サイトポリシー | 個人情報保護について | サイトマップ | お問合せ | 参加研究者ページ
アクセシビリティ方針