民事法領域でのケアと修復プロジェクト

このプロジェクトのサイトを見る

 民事事件においても、子の福祉の実現をプロセスとしてかつ実効的に実現しようとすれば、例えば児童の性的虐待被害について、加害者に損害賠償責任を負わせるとか、生殖補助技術の利用を、親の子を望む権利の実現という観点から把握すればれすむ問題ではありません。本研究プロジェクトは、民事法領域において、特に上記問題に焦点をあてて法と心理学の融合的視点からのケアと修復について具体的な提言を行うことを目的としています。

参加研究者

  • 金成恩 (立命館グローバル・イノベーション研究機構専門研究員)
  • 松本克美 (法科大学院)
  • 吉田容子 (法科大学院)

主な研究資金

2017年度 人間科学研究所 重点研究プログラム


刊行物

立命館人間科学研究

おすすめ


facebook

メールマガジン登録

リンク

ASHS 対人援助学会

生存学研究センター

アクセシビリティ方針