フランス行刑法研究会

このプロジェクトのサイトを見る

 本研究では、拘禁を可能な限り回避し、受刑者の段階的な社会復帰を可能にする行刑システムの構築を目的としています。というのも現在の日本の犯罪者処遇制度では、仮釈放率は低迷しており、外出・外泊等の社会復帰のための措置も十分に活用されているとは言い難い状況にあります。仮釈放率は戦後初めて50%を切り、外出・外泊等の実施数も数十件に留まっています。また近年、刑事施設の中に高齢者・障がい者といった拘禁の必要性が高いとは言えない社会的弱者が多く存在することが明らかにされました。しかし日本の刑罰制度は、一旦実刑が言い渡されると刑務所に入らざるを得ず、拘禁を回避もしくは緩和する手段は限られています。こうした問題を解決するために、本研究はフランスの制度を包括的に検討することを通じ、犯罪者の社会復帰に必要な行刑システムの提案を行うことを目指します。

参加研究者

  • 相澤育郎 (立命館グローバル・イノベーション研究機構専門研究員)

主な研究資金

2016年度 人間科学研究所 萌芽的プロジェクト研究助成プログラム


刊行物

立命館人間科学研究

おすすめ


facebook

メールマガジン登録

リンク

ASHS 対人援助学会

生存学研究センター

アクセシビリティ方針