家族形成をめぐる対人援助プロジェクト

代表者: 松田亮三 (産業社会学部 教授)   研究期間: 2016/04 - 2017/03

このプロジェクトのサイトを見る

 家族形成、とりわけ妊娠、出産、年少児の養育をめぐり、様々な新たな心理・社会的な困難に直面している当事者(①妊産婦とそのパートナー、②「望まない」とされる妊娠に直面した女性とパートナー、その結果出産した児、関連する養親、里親、③妊娠・出産を目指す人々、生殖補助医療技術により出生した子、等)の存在が明らかになっている。
 こうした当事者への支援実践の方策を探究するとともに、それらを歴史的背景の中で理解し、関連する制度の制約とその今後の解決方策を探る。

参加研究者

  • 松田亮三 (産業社会学部)
  • 松原洋子 (先端総合学術研究科)
  • 由井秀樹 (衣笠総合研究機構)
  • 吉田一史美 (衣笠総合研究機構)
  • 松島京 (相愛大学/人間科学研究所客員研究員)

主な研究資金

2016年度人間科学研究所 研究所重点研究プログラム


刊行物

立命館人間科学研究

おすすめ


facebook

メールマガジン登録

リンク

ASHS 対人援助学会

生存学研究センター

アクセシビリティ方針