対人援助実践回路研究プロジェクト

代表者: 松田亮三 (産業社会学部 教授)   研究期間: 2013/08 - 2016/03

このプロジェクトのサイトを見る

 本研究プロジェクトでは、医療・看護・リハビリテーションなど領域横断的に、インクルーシブ社会実現に向けた対人援助のエビデンスがいかに生成され、それが臨床実践において実施されていくか、そのような枠組みがどのように捉えられているかを検討し、明らかにすることを目指します。その際、批判的実在論など新しい科学方法論を取り込み検討していきます。というのは、開かれた体系としての現実社会における対人援助サービス実施の特徴を明らかにするうえで、批判的実在論の枠組みが有用と考えられるからです。また医学や政策科学におけるエビデンスをめぐる議論も検討します。以上を通じて、実践適応科学(implementation science)の対人援助分野での発展に貢献することをめざします。

参加研究者

  • 松田亮三 (産業社会学部・教授)
  • 松島京 (近大姫路大学・准教授)
  • 山中恵理子 (社会学研究科 博士課程後期課程)

実績等


刊行物

立命館人間科学研究

おすすめ


facebook

メールマガジン登録

リンク

ASHS 対人援助学会

生存学研究センター

アクセシビリティ方針