インクルーシブ社会に向けた支援の<学=実>連環型研究 方法論(MeSTra)チーム 研究セミナー "Evidence Dissemination by Clearinghouses"(クリアリング・ハウスを用いた エビデンスの普及)のお知らせ

概要

報告者:Haluk Soydan (University of Southern California)
司会:松田 亮三 (人間科学研究所 / 産業社会学部)

日時 2014年1月27日(月) 10:00~12:00
会場 立命館大学 衣笠キャンパス 学而館第2研究会室
主催 立命館大学人間科学研究所「インクルーシブ社会に向けた支援の<学=実>連環型研究」方法論チーム(MeSTra)
問い合わせ先 MESTRA.TRANSIS@GMAIL.COM
参加申込み 当日参加も歓迎しておりますが,資料準備等のため,事前の申し込みをいただけますと幸いです。

※報告は英語で実施されますが,適宜通訳を行います。

チラシダウンロード(PDF:1.09MB)

報告者紹介

ハルク・ソイダン教授
【略歴】2004年に、南カリフォルニア大学ソーシャルワーク学院に着任し、ハモヴィッチ対人援助科学センターを統括している。それ以前に、ヨーテボリ大学、ストックホルム大学、エレブル大学教授、コロンビア大学・ペンシルバニア大学客員教授を歴任。スウェーデン健康福祉庁の組織である「エビデンスに基づくソーシャルワーク研究機構」の研究統括者を10年間務め、現在はシニア・アドバイザーとして活躍している。著書として,“The History of Ideas in Social Work(2009)”, “Translation and Implementation of Evidence-Based Practice(2011)”, など多数。
 本研究セミナーでは,ソーシャル・ワークや対人支援に関する実践とその評価について,ご講演いただきます。


本企画は、文部科学省私立大学戦略的研究基盤形成支援事業「インクルーシブ社会に向けた支援の<学=実>連環型研究」の一環として行われるものです。

バナーエリア

刊行物

立命館人間科学研究(刊行物)

おすすめ

facebook 立命館大学人間科学研究所メールマガジン登録

リンク

対人援助学会(ASHS:Japanese Association of Science for Human Services) 立命館大学生存学研究センター
サイトポリシー | 個人情報保護について | サイトマップ | お問合せ | 参加研究者ページ
アクセシビリティ方針