津止正敏先生(男性介護研究会)「NHK(Eテレ)『ハートネットTV リハビリ・介護を生きる』出演」

 “ケアメン”という言葉を知っていますか?
親や妻など家族の介護を担う男性のことです。現在、介護者の3人に1人は男性、その数およそ120万人にのぼると言われています。「親の介護は嫁の仕事」はもう昔話、少子高齢化社会にあって介護する/されることは、今や誰でも人生の中で経験する普通の出来事です。
 しかし仕事を持つ男性にとって、家族の介護に関わることは大変なことです。家事もできない、介助も不慣れ、そして仕事との折り合いをどうつけるか。介護による離職者も増えています。
 「ケアメンたちの主張」、女性に任せがちだった介護を男性も受け持とう。ケアを組み込んだ生き方が人生を豊かにする。介護も仕事も楽しみながらできる社会を目指そう!男性介護の現実と課題を通して、あるべき介護社会の未来を展望します。
 是非、ご覧下さい。

放送概要

番組 NHK(Eテレ)ハートネットTV 「リハビリ・介護を生きる 男性介護を考える」
第1回 「仕事と介護の両立は?」
2013年5月15日(水) 20:00~20:29
2013年5月22日(水) 13:05~13:34<再放送>
第2回 「ケアメンを支援するために」
2013年5月16日(木) 20:00~20:29
2013年5月23日(木) 13:05~13:34<再放送>
出演 ゲスト:津止正敏先生(産業社会学部教授)
MC:山田賢治キャスター、荒木由美子さん(タレント)

バナーエリア

刊行物

立命館人間科学研究(刊行物)

おすすめ

facebook 立命館大学人間科学研究所メールマガジン登録

リンク

対人援助学会(ASHS:Japanese Association of Science for Human Services) 立命館大学生存学研究センター
サイトポリシー | 個人情報保護について | サイトマップ | お問合せ | 参加研究者ページ
アクセシビリティ方針