研究ワークショップ「規範理論におけるサーヴェイ実験の行方」

社会科学の諸分野におけるサーヴェイ実験の進展が著しい一方で、その規範理論への応用は途上とも言うべき段階にある。そこで本企画では、規範理論におけるサーヴェイ実験について、実際に行われた実験をふまえて、今後どのような可能性があるのかについて検討する。

概要

日時 2016年12月17日(土)14:00〜17:45
場所 立命館大学大阪いばらきキャンパス AN411セミナールーム (A棟4階)
JR「茨木駅」下車徒歩約5分
阪急「南茨木駅」下車徒歩約10分
http://www.ritsumei.ac.jp/accessmap/oic/
司会 井上彰(立命館大学先端総合学術研究科准教授)
主催 立命館大学人間科学研究所「ナッジ研究プロジェクト」
共催 日本学術振興会・科学研究費「カタストロフィの分配的正義論」
(研究代表者:井上彰)基盤研究(C)一般、課題番号:15K02022

プログラム

14:00~14:05趣旨説明
井上彰(立命館大学)
14:05~14:45 報告1「正義論の現状と無知のヴェール実験」
井上彰(立命館大学)
14:45~15:00 コメント
若松良樹(学習院大学)
15:00~15:10 リプライ
井上彰(立命館大学)
15:10~15:40 質疑応答
15:40~15:50 休憩
15:50~16:50 報告2「運の平等論実験の分析と考察」
清水和巳(早稲田大学)
宇田川大輔(阪南大学)
16:50~17:40 質疑応答
17:40~17:45 閉会の挨拶

バナーエリア

ピックアップ

年次総会情報

刊行物

立命館人間科学研究(刊行物)

おすすめ

facebook 立命館大学人間科学研究所メールマガジン登録

リンク

対人援助学会(ASHS:Japanese Association of Science for Human Services) 立命館大学生存学研究センター
サイトポリシー | 個人情報保護について | サイトマップ | お問合せ | 参加研究者ページ
アクセシビリティ方針