シンポジウム「男性と生殖、セクシュアリティ」

これまで、男性と生殖をめぐる問題はほとんど研究されてこなかった。本シンポジウムでは、この問題が顕在化する男性不妊に焦点をあてつつ、セクシュアリティの問題へと射程を広げ、議論を深めていく。

チラシ ダウンロード(PDF形式:315KB)

概要

日時 2017年1月22日(日)、14:00〜17:30
場所 立命館大学朱雀キャンパス3F、308教室
JR、京都市営地下鉄二条駅から徒歩2分
http://www.ritsumei.ac.jp/accessmap/suzaku/
司会 吉田一史美(立命館大学専門研究員)
主催 科学研究費助成事業(研究代表者由井秀樹、JSPS科研費15K21496)
共催 立命館大学人間科学研究所「家族形成をめぐる対人援助プロジェクト」
参加 事前予約不要、参加無料
問合せ hdk-yui@fc.ritsumei.ac.jp (由井秀樹)

プログラム

14:00 趣旨説明
由井秀樹(立命館大学専門研究員)
14:05 ガイダンス:不妊クリニックでの男性患者
瀧川由美子(醍醐渡辺クリニック生殖心理カウンセラー)
14:20 男性にとっての不妊治療:泌尿器科を受診した夫たちの語りから 
竹家一美(お茶の水女子大学大学院)
14:50 男性不妊と男性性 
倉橋耕平(立命館大学ほか非常勤講師)
15:20 戦後日本の不妊男性に対するまなざし 
由井秀樹(立命館大学専門研究員)
15:50 検査される男性身体の歴史:1930年代の学校と軍隊でのM検を中心に 
澁谷知美(東京経済大学准教授) 
16:20 休憩 
16:30 コメント 
中村正(立命館大学教授)
永田夏来(兵庫教育大学大学院助教)

バナーエリア

刊行物

立命館人間科学研究(刊行物)

おすすめ

facebook 立命館大学人間科学研究所メールマガジン登録

リンク

対人援助学会(ASHS:Japanese Association of Science for Human Services) 立命館大学生存学研究センター
サイトポリシー | 個人情報保護について | サイトマップ | お問合せ | 参加研究者ページ
アクセシビリティ方針