シンポジウム「創造性と自己表現 その光と影 ―教育・支援のありかたといじめ問題―」

概要

企画・司会:矢藤 優子(立命館大学)

チラシPDFダウンロード(PDF形式:717KB)

日時 2016年9月22日(木・祝) 14:00〜17:00
申込 申込不要・参加無料 ※ただし、お席には限りがございます。
会場 立命館大学 大阪いばらきキャンパス
立命館いばらきフューチャープラザ カンファレンスホール(交通案内
JR茨木駅徒歩5分・阪急南茨木駅徒歩10分
※公共交通機関をご利用ください。
※キャンパスは全面禁煙です。

スケジュール

14:10~14:45 自閉症スペクトラム者の自己認識の発達と障害表明を支える教育支援
講師: 荒木 穂積(立命館大学)
14:45~15:20 「素材・表現・関係性」─レッジョ・エミリア市の幼児教育から学ぶ─
講師: 手良村 昭子(滋賀短期大学)
15:25~16:00 いじめの日英比較研究
講師: 金綱 知征(甲子園大学)
16:00~16:35 いじめ、ネット問題への日本の挑戦 KiVa, ViSC, Peer Support とスマホサミット
講師: 戸田 有一(大阪教育大学)
16:35~17:00 全体討議

主催

立命館大学 立命館グローバル・イノベーション研究機構(R-GIRO)
「学融的な人間科学の構築と科学的根拠に基づく対人援助の再編成」

共催

立命館大学 人間科学研究所
「学融的な人間科学の構築プロジェクト」

お問合せ

立命館大学 人間科学研究所事務局
TEL: 075-465-8358 E-mail: ningen[a]st.ritsumei.ac.jp ※[a]を@に変えてください。


刊行物

立命館人間科学研究

おすすめ


facebook

メールマガジン登録

リンク

ASHS 対人援助学会

生存学研究センター

アクセシビリティ方針