第5回「健康と医療の人文社会科学研究会」

概要

日時 2015年8月2日(日)14時00分〜17時00分
場所 立命館大学衣笠キャンパス創思館2階多文化臨床ラボ
主催者 主催:立命館大学人間科研究所・医療福祉における利用者エンパワメトプロジェクト/比較ケア制度・政策プロジェクト
共催:立命館大学人間科学研究所全所的プロジェクト「対人支援における連環型(トランスレーショナル)研究の方法論」チーム

*参加無料、申込不要

報告者

  • 由井秀樹(立命館大学衣笠総合研究機構専門研究員) 「戦後の「家族」と不妊男性」
  • 福田茉莉(立命館大学衣笠総合研究機構専門研究員) 「困難を抱える患者に対する医療実践の検討(2) −−生活困難者が抱える病いと困難性との関連−−」
  • 村上慎司(立命館大学大学院先端総合学術研究科研究指導助手) 「子育て関連ケイパビリティに関する試論」
  • 松島京(近大姫路大学教育学部) 「児童養護施設に入所する外国につながりのある子どもの支援に関する研究」
  • 松田亮三(立命館大学産業社会学部) 「米国における地域健康・医療センター−−セイフティネット供給者としての役割に焦点をあてて−−」

刊行物

立命館人間科学研究

おすすめ


facebook

メールマガジン登録

リンク

ASHS 対人援助学会

生存学研究センター

アクセシビリティ方針