第27回法心理・司法臨床セミナー 講演「性犯罪捜査・公判の現状と課題―被害者の心理にどう向き合い、どう伝えるか」のご案内

概要

  • 日時:2014年9月24日(水)17:00-19:00
  • 場所:立命館大学朱雀キャンパス2F 205教室
  • アクセス地図: http://www.ritsumei.ac.jp/acd/gr/hoka/access.htm

チラシダウンロード(PDF形式:491KB)

講演

“「性犯罪捜査・公判の現状と課題 ― 被害者の心理にどう向き合い、どう伝えるか」”

  • 講師:田中嘉寿子(かずこ)先生(検察官・立命館大学法科大学院客員教授)
  • コメンテーター 吉田容子(弁護士、立命館大学法科大学院教授、立命館大学法心理・司法臨床センター・被害者支援グループ拠点研究員)
  • 司会:松本克美(立命館大学法科大学院教授、立命館大学法心理・司法臨床センター・被害者支援グループリーダー)

企画趣旨

 田中嘉寿子先生は、現役の検察官であり、現在、立命館大学法科大学院に客員教授として派遣され、法曹養成教育にも携わっておられます。今年出版された単著『性犯罪・児童虐待捜査ハンドブック』(立花書房)は、警察・検察はもとより、弁護士、被害者支援団体などからも高い評価を得ています。
 今回は、性犯罪捜査および公判において、とくに被害者の心理にどのように向き合って捜査や被害者の心理の立証が行われているのか、行われるべきかという点を中心にご講演をしていただきます。

問い合わせ先


刊行物

立命館人間科学研究

おすすめ


facebook

メールマガジン登録

リンク

ASHS 対人援助学会

生存学研究センター

アクセシビリティ方針