研究セミナー「DV・性暴力被害者への支援―病院・心理士としての活動から」のお知らせ

概要

  • 報告者:西 順子氏 (女性ライフサイクル研究所・臨床心理士)
  • テーマ:DV・性暴力被害者への支援―病院・心理士としての活動から
日時 2014年2月26日(水)18:00〜20:00
会場 立命館大学 朱雀キャンパス 307教室
共催 立命館グローバル・イノベーション研究機構(R-GIRO)「法心理・司法臨床センター」立命館大学人間科学研究所「インクルーシブ社会に向けた支援の<学=実>連環型研究」プロジェクト 「修復的支援」チーム
参加申込 不要。直接お越しください。

西氏には、病院(阪南中央病院)・産婦人科で臨床心理士としてカウンセリングを行っているお立場から、性被害者やDVの被害者をサポートするうえでの、病院内での連携をはじめ、司法や福祉など必要他機関との連携の有り様を、アドボケート的な関わりも含めてお話いただきます。西氏に話題提供をいただいた後には、被害者のサポートの窓口となるワンストップサービスに関することを中心に、議論を行う予定です。


本セミナーは、文部科学省私立大学戦略的研究基盤形成支援事業「インクルーシブ社会に向けた支援の<学=実>連環型研究」プロジェクトの一環として行われるものです。


刊行物

立命館人間科学研究

おすすめ


facebook

メールマガジン登録

リンク

ASHS 対人援助学会

生存学研究センター

アクセシビリティ方針