立命館土曜講座「社会の中の人間科学」(2018年4月 全4回)

立命館土曜講座は、大学の講義を市民に広く開放し、大学と地域社会との結びつきを強めることを目ざして開講している市民講座です。1946年に第1回が開催されて以来、3200回を超えて開講して参りました。
2018年4月は、人間科学研究所がコーディネートする企画「”社会の中の人間科学”」を全4回開催いたします。

2018年4月「社会の中の人間科学」

日程 講座テーマ 講師
4月7日(土) コグトレとは何か?――社会に貢献する人間科学の実践
宮口幸治(立命館大学産業社会学部教授)
4月14日(土) ナラティブと臨床からみる人間と社会――人が語り始めるとき
森岡正芳(立命館大学総合心理学部教授)
4月21日(土) 猫と人と社会――対人援助学が動物に学ぶとき
小池英梨子
(NPO法人FLC安心とつながりのコミュニティづくりネットワーク「人もねこも一緒に支援プロジェクト」代表)
(解題)村本邦子(立命館大学人間科学研究科教授)
4月28日(土) メンタルヘルスと若者文化
齋藤清二(立命館大学総合心理学部教授)
  • 時間: 14時〜16時(全日程) ※”聴講無料・事前申込不要”(定員180名)
  • 場所: 立命館大学衣笠キャンパス 末川記念会館講義室
  • 主催: 立命館大学衣笠総合研究機構
  • お問合せ:075‐465‐8236

※詳細は、立命館土曜講座のWebサイトをご覧ください。


刊行物

立命館人間科学研究

おすすめ


facebook

メールマガジン登録

リンク

ASHS 対人援助学会

生存学研究センター

アクセシビリティ方針