松島京(まつしまきょう)

人間科学研究所, 客員研究員

これまで,ドメスティック・バイオレンス(DV)を中心とした家庭内の暴力について,社会学的な視点からの研究を進めてきました.
現在は,「ケア」という相互行為に着目し,医療・福祉を中心とした対人援助の場における当事者エンパワメントについての研究を進めています.特に,医療機関における,妊娠・出産期を通じた当事者(親になる人,ドメスティック・バイオレンスの被害者,外国につながりのある子どもとその保護者等)の支援のあり方や,その際の援助者の役割について検討しています.

主な研究分野

社会学(臨床社会学)
家庭内暴力(ドメスティック・バイオレンス,児童虐待),家族病理,対人援助(ケア),医療・福祉における利用者エンパワメント

主な研究業績

学術論文

  • 松島京,松浦崇,吉田晃高,2010,「子どもの教育と福祉をめぐる今日的課題-日本語を母語としない子どもたちへの支援:横須賀市視察調査から」『近大姫路大学教育学部紀要』2:63-72(査読有)
  • 松島京,2010,「学校と家庭内暴力-被害を受けた子どもへの対応:児童虐待とドメスティック・バイオレンスを中心に-」『近大姫路大学教育学部紀要』2:45-53(査読有)
  • 松島京,2009,「医療現場における子ども・女性の人権保障-妊娠・出産期からの子育て支援の必要性-」『兵庫県人権啓発協会』10:3-17
  • 松島京,2009,「妊娠・出産期のドメスティック・バイオレンスとは-セクシュアル・ヘルス/ライツの課題として捉えるために-」『近大姫路大学教育学部紀要』1:29-38(査読有)

学会発表

  • 吉田晃高,松島京,松浦崇,2011.11「子どもの教育と福祉をめぐる今日的課題-教育現場への福祉的視点の導入と活用に向けて-」,第63回関西教育学会大会(近大姫路大学)
  • 松島京,松浦崇,2010.11「子どもの教育と福祉をめぐる今日的課題-日本語を母語としない子どもたちへの支援:横須賀市視察調査から」,第2回対人援助学会大会(立命館大学)
  • 松島京,2009.5「妊娠・出産期のドメスティック・バイオレンス-医療現場における被害者支援と予防に向けて-」,第35回対人援助学会大会(熊本大学)

著書

  • 篠崎次男,小川栄二,松島京,2006,『21世紀に語りつぐ社会保障運動』,あけび書房

参加プロジェクト(終了したものを含む)

バナーエリア

刊行物

立命館人間科学研究(刊行物)

おすすめ

facebook 立命館大学人間科学研究所メールマガジン登録

リンク

対人援助学会(ASHS:Japanese Association of Science for Human Services) 立命館大学生存学研究センター
サイトポリシー | 個人情報保護について | サイトマップ | お問合せ | 参加研究者ページ
アクセシビリティ方針