廣井亮一(ひろいりょういち)

総合心理学部, 教授

立命館大学研究者学術情報データベースへのリンク
(新しいタブ又はウインドウで開きます)
 家裁調査官として18年間、数千例の少年事件と家事事件の臨床実践に携わる。非行臨床、家族臨床の実践例をもとに、犯罪や非行、児童虐待やDVなど、「法」と「臨床」の交差領域に立ち上がる問題に対するアプローチを研究している。また、裁判における鑑定書や意見書の作成をしている。さらに、臨床心理士としてのカウンセラー活動を通して、子どもや家族の諸問題の解決を援助している。

職歴

1981年―1999年 家庭裁判所調査官
1999年―2006年 和歌山大学教育学部助教授
2006年―2008年 京都女子大学准教授
2008年― 現職

主な研究分野

司法臨床
非行臨床
家族臨床
法と心理臨床の協働

主な研究業績

学術論文

  • (過去5年間)
  • 「司法臨床の概念-わが国の家庭裁判所を踏まえて」(単著)法と心理 11巻1号 2011
  • 「法化社会における家族臨床」(単著)家族療法研究28巻2号2011
  • 「問題を抱える家族」へのアプローチ(単著)更生保護 61巻7号2010
  • 「家族臨床における法的介入」(単著)家族心理学年報28号 2010
  • 「Effects of the Failure in the Adaptation to the Foreign Culture on the Mental Health Adolescents」 立命館人間科学 2009
  • 「ジャスティス・クライエントへの福祉・臨床的アプローチ」(単著)司法福祉学研究10巻 2011
  • 「非行治療に向けてのシステムズ・アプローチ」(単著)精神療法 2008
  • 「加害者臨床の問題と課題」(単著)現代のエスプリ 2008
  • 「スクールカウンセリングにおける不登校への取り組み」京都女子大学発達教育学部紀要2007
  • 「司法臨床の枠組み」(単著)現代のエスプリ 2006

学会発表

  • (過去2年間)
  • 「Support toward Offenders with Intellectual Disability」、16th World Congress of the International Society for Criminology、Kobe International Conference Center, August 6,2011
  • 「Risk Management for juvenile Delinquents with Pervasive Developmental Disorders and Mental Disorders in Practice」、16th World Congress of the International Society for Criminology、Kobe International Conference Center, August 9,2011
  • 「家族支援における法と臨床-弁護士と臨床心理士の協働」、日本研究・家族療法学会第28回大会、静岡県コンベンションアーツセンター、2011年6月4日
  • 「司法臨床の概念―わが国の家庭裁判所を踏まえて」第11回法と心理学会、立命館大学2010年10月16日
  • 「司法臨床領域での訓練システム-家裁調査官養成課程から見えること-」第29回日本心理臨床学会(於:東北大学)2010年9月4日 
  • 「家族支援における法と臨床」第27回日本家族研究・家族療法学会2010年6月5日、福島大学

著書

  • (過去5年間)
  • 『加害者臨床』(廣井編著)日本評論社2012
  • 『司法臨床入門・増補改訂第2版』(単著)日本評論社 2012
  • 『カウンセラーのための法と臨床)』(単著) 金子書房 2012
  • 『非行臨床の新潮流』(廣井共編著)金剛出版2011
  • 『子どもと家族の法と臨床』(廣井共編著)金剛出版2010
  • 『非行少年を知るための基礎知識』(共著)明石書店 2008
  • 『司法臨床の方法』(単著)金剛出版 2007

参加プロジェクト(終了したものを含む)

バナーエリア

ピックアップ

年次総会情報

刊行物

立命館人間科学研究(刊行物)

おすすめ

facebook 立命館大学人間科学研究所メールマガジン登録

リンク

対人援助学会(ASHS:Japanese Association of Science for Human Services) 立命館大学生存学研究センター
サイトポリシー | 個人情報保護について | サイトマップ | お問合せ | 参加研究者ページ
アクセシビリティ方針