サトウタツヤ(さとうたつや)

総合心理学部, 教授

立命館大学研究者学術情報データベースへのリンク
(新しいタブ又はウインドウで開きます)
 社会と心理学の接点について様々な形で考えています。現在は、法と心理、厚生心理という形で、研究プロジェクトを展開しています。
質的研究の方法論である複線径路・等至性モデルを開発し、その方法論の発展と普及にも力を入れています。
学問が社会の中でどのように展開してきたのか、ということを考えるために心理学史の研究もしています。
最後に、現在の社会における情報のあり方を考えるために保存整理公開を考えるアーカイビングのあり方について、研究を行っています。

職歴

博士(文学)(東北大学)
1989年4月 東京都立大学人文学部助手
1994年4月 福島大学行政社会学部助教授
2001年4月 立命館大学文学部心理学科助教授
2006年4月 立命館大学文学部教授 現在に至る

主な研究分野

応用社会心理学・法と心理学・厚生心理学・政策と心理学
文化心理学
心理学史

主な研究業績

学術論文

参加プロジェクト(終了したものを含む)

バナーエリア

ピックアップ

年次総会情報

刊行物

立命館人間科学研究(刊行物)

おすすめ

facebook 立命館大学人間科学研究所メールマガジン登録

リンク

対人援助学会(ASHS:Japanese Association of Science for Human Services) 立命館大学生存学研究センター
サイトポリシー | 個人情報保護について | サイトマップ | お問合せ | 参加研究者ページ
アクセシビリティ方針