人間科学のフロント

「えっせい」(~2010年度)一覧へ

検索条件

検索条件をクリアする

人間科学のフロント

2016年度

インクルーシブ社会に向けた支援の<学=実>連環型研究より
「インクルーシブ社会にむけた『結び目』作りの可能性」
稲葉光行(政策科学部教授)
応用社会心理学の様々なかたちより
「病気との向き合い方―韓国におけるがん患者の療法についての医療人類学的な視点」
澤野美智子(OIC総合研究機構専門研究員)
障害のある生徒のキャリア支援プロジェクトより
「「援助付き『できる』」の拡大を目指して」
土田菜穂(総合心理学部助手)
修復的司法と対人援助プロジェクトより
「新旧犯罪者処遇モデル論争:医療モデルvs.公正モデルからRNRモデルvs. GLモデルまで」
相澤育郎(立命館グローバル・イノベーション研究機構専門研究員)
学融的な人間科学の構築と科学的根拠に基づく対人援助の再編成より
「親からの期待が与える影響の多様性:複線径路・等至性アプローチ(TEA)と関連させて」
春日秀朗(立命館大学文学部助手)
修復的司法観による少子高齢化社会に寄り添う法・社会システムの再構築より
「虚偽自白と冤罪」
山田早紀(立命館グローバル・イノベーション研究機構研究員)
修復的司法観による少子高齢化社会に寄り添う法・社会システムの再構築より
「協議離婚における親の合意による解決の促進と支援-離婚後の子の福祉」
金成恩(立命館グローバル・イノベーション研究機構専門研究員)
「統合教育」を巡る現代史より
「生存学の企て――障老病異と共に暮らす世界へ」
立岩真也(先端総合学術研究科教授)
総合的若者支援研究プロジェクトより
「若者ソーシャルワーク論構築に関する基礎研究―同級生殺害事件のあった地域での生活支援に理論構築の哲学を探る―」
山本耕平(産業社会学部教授)
民事責任における損害論の法心理学的再構築 ―多様な被害回復のための司法臨床的支援を目指してより
「民事責任における損害論の法心理学的再構築 ―多様な被害回復のための司法臨床的支援を目指して―」
松本克美(法務研究科教授)
インクルーシブ社会に向けた支援の<学=実>連環型研究より
「色覚障害について考える」
徳永留美(千葉大学国際教養学部助教)

2015年度

不定就労者の就労自立支援の確立に向けた心理学的研究プロジェクトより
「就労自立支援センターにおけるフォーラムシアター」
古賀弥生(活水女子大学文学部教授) 藤本学(立命館大学教育開発推進機構准教授)
不登校・ひきこもりプロジェクトより
「『さよなら不登校・こんにちは脱学校』の理論化にむけて」
北村真也(認定フリースクール「知誠館」代表) 中村正(応用人間科学研究科・産業社会学部)
インクルーシブ社会に向けた支援の<学=実>連環型研究より
「地域住民を支える包摂的な医療実践を目指して」
福田茉莉(衣笠総合研究機構専門研究員)
インクルーシブ社会に向けた支援の<学=実>連環型研究より
「自閉症を持つ子どもの親のストレス―米国の場合」
ポーター倫子(人間科学研究所客員研究員)
インクルーシブ社会に向けた支援の<学=実>連環型研究より
「高齢者支援チームの継続力」
北原靖子(川村学園女子大学教授/2014年度人間科学研究所客員研究員)
インクルーシブ社会に向けた支援の<学=実>連環型研究より
「障害者やマイノリティをめぐる動向と包摂/排除の基礎研究」
渡辺克典(衣笠総合研究機構特別招聘准教授)
生産的環境を規定する認知基盤の解明より
「よいアイデアが生まれるとき,生まれないとき」
服部雅史(文学部教授)
若者ソーシャルワークに関する基盤研究プロジェクトより
「若者を対象とするソーシャルワーク研究―「あたりまえ」の価値観と対峙する主体の育ち―」
山本耕平(産業社会学部教授)
応用心理学としての法と心理学の歴史構築より
「応用心理学としての法と心理学の歴史構築」
若林宏輔(文学部准教授)

バナーエリア

刊行物

立命館人間科学研究(刊行物)

おすすめ

facebook 立命館大学人間科学研究所メールマガジン登録

リンク

対人援助学会(ASHS:Japanese Association of Science for Human Services) 立命館大学生存学研究センター
サイトポリシー | 個人情報保護について | サイトマップ | お問合せ | 参加研究者ページ
アクセシビリティ方針