お知らせ

過去のお知らせを見る

人間科学のフロント

応用心理学としての法と心理学の歴史構築より
「応用心理学としての法と心理学の歴史構築」
歴史の再構築性と心理学の新しい歴史  近代心理学成立以降の心理学史の中心的潮流は、科学実証主義的心理学を中心に据えた実験心理学的展開、または精神分析学をひとつの柱として臨床心理学を中心に据えた歴史展開が現在最も支持されている基本的な理解です。「歴史」という行為を社会的・人間的行為の側面からみれば、これらの潮流は現代の心理学者たちの視点から構築され理解されているものであることは自明です。よって... (公開日: 2015-05-01 若林宏輔 (文学部 准教授))
「応用心理学としての法と心理学の歴史構築」の全文を読む
「人間科学のフロント」一覧

バナーエリア

全所的プロジェクト

インクルーシブ社会に向けた支援の<学=実>連環型研究

刊行物

立命館人間科学研究(刊行物)

おすすめ

facebook 立命館大学人間科学研究所メールマガジン登録

リンク

対人援助学会(ASHS:Japanese Association of Science for Human Services) 立命館大学生存学研究センター
サイトポリシー | 個人情報保護について | サイトマップ | お問合せ | 参加研究者ページ