お知らせ

過去のお知らせを見る

人間科学のフロント

「インクルーシブ社会に向けた支援の<学=実>連環型研究」プロジェクトより
「それは社会問題であるという定義−「問題視することの問題」」
 社会病理・社会問題現象は何らかの紛争や葛藤なので、関係性の修復や回復が課題となる。しかしことはそう単純ではない。「問題」とは何か、「解決」とは何かが難儀だからである。たとえば不登校が「問題」であり、再登校が「解決」だとは言い切れない。違法薬物使用は「問題」であり、それは法的な処分(処罰)へと至ることが「解決」だとは思えない。依存症という「問題」の定義も可能であり、そうすると処罰ではなく回復が「... (公開日: 2014-12-09 中村正 (産業社会学部教授))
「それは社会問題であるという定義−「問題視することの問題」」の全文を読む
「人間科学のフロント」一覧

バナーエリア

年次総会情報 お申し込みもこちらから

全所的プロジェクト

インクルーシブ社会に向けた支援の<学=実>連環型研究

刊行物

立命館人間科学研究(刊行物)

おすすめ

facebook 立命館大学人間科学研究所メールマガジン登録

リンク

対人援助学会(ASHS:Japanese Association of Science for Human Services) 立命館大学生存学研究センター
サイトポリシー | 個人情報保護について | サイトマップ | お問合せ | 参加研究者ページ