お知らせ

過去のお知らせを見る

人間科学のフロント

取調技法プロジェクトより
「有罪無罪の判断に影響する要因」
 刑事裁判で有罪無罪の判断に誤りがあれば大きな悲劇である。法と心理学研究では,有罪無罪の判断に影響する複数の要因について検討されてきた。本稿ではそのうち3つの要因について取り上げる。 取調べ技法  代表的な取調技法として,リードテクニック(Reid Technique)とピースモデル(PEACE Model)が挙げられる。前者は自白の獲得が主な目的であり,取調べ官が被疑者との対立姿... (公開日: 2017-05-01 山崎優子 (立命館グローバル・イノベーション研究機構 専門研究員))
「有罪無罪の判断に影響する要因」の全文を読む
「人間科学のフロント」一覧

バナーエリア

刊行物

立命館人間科学研究(刊行物)

おすすめ

facebook 立命館大学人間科学研究所メールマガジン登録

リンク

対人援助学会(ASHS:Japanese Association of Science for Human Services) 立命館大学生存学研究センター
サイトポリシー | 個人情報保護について | サイトマップ | お問合せ | 参加研究者ページ